世界遺産で出会ったソロキャンピニスト




世界遺産の庭の炊事場で出会ったそのオトコは、僕と同じように一人でキャンプ地を巡っているらしい。



キャンプとは大勢でBBQをしたり川遊びをしたりするのが大方の目的と知られているが、
一人で回っているそのオトコにどんな理由でそうしているかは聞かなかった。



立ち話と決めていた僕は今日の天気の話と出発地の場所だけを聞いて別々の寝床に別れようとしていたのだが、
小1時間も話し込んでしまった(笑)


キャンプは灯りが少ないところが多いうえ、
準備には明るいうちの方が断然有利なので、夕方前にインする人が殆ど。
薄暗くなった日が落ちる直前に現れた僕に遠くから気づいていたらしく、
あっという間にテントを張ってビールをやっている僕をベテランソロキャンパーだと思い込んでいたというのである。



そんなことないっす!
20代の頃は、毎週明け暮れたましたけど。
今は、馴らしっす!



そう聞くとその男は、笑ってた。



b0303153_08315326.jpg
7月中盤、小雨ぱらつく朝霧高原を抜けて裾野でキャンプ。










[PR]

by deaiwashitsuzenn | 2015-08-03 13:15 |